授乳 痛み

授乳 痛み

乳首が切れてしまう

 

 

妊娠中の、母乳外来(母乳育児やおっぱいについて話を聞いたり、実際に助産師に見てもらい指導を受けたりするもの)のときから助産師さんに『乳首が小さくて短いし、肌も白くて薄そうだから、すぐに切れちゃうかも』と言われていました。実際に出産し、その日から母乳をあげ始めたのですが、みごとにすぐに切れました。入院してすぐに切れたのでこんなにすぐに切れるのかと驚きました。まだ子どもも飲むのが下手くそで、わたしのおっぱいも飲まれることに慣れていない弱い状態だから、すぐに切れたようです。本当に痛くて痛くて辛かったです。退院後も切れてはましになり、また切れてはましになりを繰り返しましたが、だんだんひどくなり、耐えられないくらいに、痛みを感じるようになりました。服が当たったり、シャワーを浴びるだけでもいたかったです。子どもにあげるときは悲鳴が出そうになるくらいの強い痛みで、母乳をあげるのが辛く、憂鬱になっていきました。

産婦人科に行って相談した

 

 

入院中に助産師さんに相談したところ、『保護器を使ってしまうと飲み方が変わってしまう可能性があるからあまり使わない方がいい。』といわれました。そう言われたものなので、保護器は使わずにずっと我慢をしていましたが、耐えきれなくなりました。産婦人科に相談に行くと、我慢をしすぎていたようで、切れかたもひどかったみたいです。とりあえずは傷を治しましょうと言われました。保護器と塗り薬、塗り薬を塗ったあとにサランラップで保護するやり方を教えていただきました。保護器はハードタイプとソフトタイプがあり、わたしの傷はひどかったのでハードタイプを薦められましたが、扱い方が難しく、子どももなかなかうまく飲めるようになりませんでした。試しにソフトタイプを使ってみると、扱い安いし飲ませやすい!子どももすぐに上手に飲めるようになりました。やはり薄いので初めは傷が痛みましたが、カバーしているためすぐに治っていったのですぐに気にならなくなりました。治って保護器をはずしてあげるとまたすぐ切れたので、気にせず痛くなくなるまではずっと保護器を愛用しました。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪


ホーム RSS購読 サイトマップ